車売却をするなら知っておきたい事【価格がガラリと変わることも】

状況によって異なる

模型

始動するかどうか

大雨の時に自動車に乗っていると、アンダーバスなどに水が溜まっているときがあります。前に車がいればどれくらいの水位かがわかりますが、わからないときはとにかく勢いで行ってしまおうと突っ込むときがあります。何とか通り過ぎれるときもあれば、すっかり水没してしまって身動きが取れなくなるときもあります。非常に危険なので通常はしてはいけませんが、急いでいるときなどは気が動転していて思わずしてしまうときもあるでしょう。タイヤの半分ぐらいまでをバシャバシャ行くぐらいならほとんど問題はありませんが、それ以上となると水没車になる可能性があります。その時に買取をしてもらえるかどうか、知っておくと良い情報を持っておきましょう。まず水没車にはいくつかの状況があります。見た目に水に浸かったかどうかと、エンジンの始動がするかどうかです。一応見た目が水に浸かった時には水没車となり、何もない状態よりも買取査定額は下がります。ただエンジンが始動するならそれほど下がりません。日本国内では水没車の情報があると買い手があまりいませんが、海外なら動けば販売できます。海外販売向けとして買取してくれる業者なら対応してくれます。エンジンが始動しない状態の水没車はエンジンなどがダメージを受けている可能性があります。買取査定額は大幅に下がり、最悪無料引き取りもあります。ただ部品などの価値を認めてくれる業者であれば、一定の価値をつけてくれるかもしれません。錆がどんどん進むので、早めに査定をしてもらった方がいいでしょう。